スポーツジムに入会した

タイ旅行で自身の体力が下がりすぎたのを実感した。

そしてドラゴンボールのブルマ役の鶴ひろみさんだけではなく大杉漣さんも若くして大動脈解離で亡くなられたのではないかと報じられている。

自分もCTから腹部大動脈にプラークがあり大動脈解離予備軍だと分かっている。

出典 老後の病気のリスク回避も大切だ

スタチン系の薬を飲んでなんとかLDLコレステロールが上限の範囲に入る状態なので少しずつプラークが大きくなっているはずだ。

だから運動をしてHDLコレステロールを引き上げプラークを小さくする努力をしよう。

そこでジムに通うことにした。

元々10年前まで通っていたので一大決心というほどではないが節約生活の中で月額費用が馬鹿にならない。

そのため当初は自治体のスポーツセンターを利用しようかとも考えていた。

公共施設利用の勧め
公共施設で思いつくのは図書館と市民プールとスポーツセンターだ。 どれも行ってない。 図書館は10年以上前は仕事も楽だったので通っていた。...

コスパを考えれば民間のジムより公共施設のスポーツセンターの方がいい。

公共施設なら一般的に1回利用が200円~400円の範囲に設定されているので週3回の利用だと民間のジムより安くなる。

しかしスポーツセンターに見学に行ったところ予想以上に混雑している。

平日でもマシンが待ちになっている。

やはり利用料金が安いし月額費用が不要なので人が集まりやすい。

わざわざジムまで出かけて待つことなんてまっぴらごめんだ。

以前通っていたセントラルはマシンで待ったことなどまずなかった。

夕方に行ってもトレッドミルが一杯な日がたまにあって仕方なくステップマシンかエアロバイクををやっていた記憶がある。

月に1回あったかどうかだった。

調べると知り合いから知り合いに次の順番渡すとか村社会のようなジジババソサエティが出来上がっているスポーツセンターもあるようだ。

そこで民間のジムで安くて待ちが少なそうなところを探すことにした。

大手だとコナミ、ルネサンス、セントラル、オアシス、カーブス、ティップネス、ゴールドジム、エニタイムあたりだろうか。

会社勤めの頃のマジョリティはコナミだった。

週1回ならコナミが安くていいがもう少し通いたい。

そうなるとコナミは割高になる。

カーブスとエニタイムは余計な設備を省いているので7千円弱とお安めになっている。

しかしカーブスは女性専用でエニタイムは通えないことは無いが自宅から少し距離がある。

他の大手は1万円以上の相場で身の丈に合っていない。

そこで春夏秋なら自転車で通えそうな距離で中堅からローカルな民間のスポーツジムを周って平日午前ならマシンが空いていそうなジムを探した。

中堅やローカル系のジムの相場は8000円前後で大手と変わらない設備があるのでインストラクターの数や質を求めなければいい選択だと思う。

自分の場合はマシンが使いたいだけなのでロッカーとシャワーが使えて近くて空(す)いていて安ければどこでもいい。

探した中で一番混む火曜日以外はマシン待ちになることはまず無いというスタッフの言葉を信じて入会した。

火曜日はイベントが重なっており人が集まりやすいらしい。

実際見に行った土曜日もトレッドミルが半分空いていた。

ジムの名前は伏せるが決めた理由はこんなところ

  • なんとか自転車の行動範囲内にある
  • 自宅より郊外で駐車場が潤沢にある
  • 敷地を広めに取っているのでゆったりしている
  • インストラクターは最小限
  • イベントはカレンダーがあり大手並みに揃っている

初回の使い方説明や最初の数回だけの身体測定のようなものはある。

大手と違いスタッフが見回って親切にアドバイスしてくれるような体制ではない。

下手をすれば自治体のスポーツセンターよりほったらかしかもしれない。

でもセントラルに通っていた時にもアドバイスを受けるのが面倒だったのでちょうどいい。

マシンの部屋が小さめなのが気がかりだが混まなければ問題ない。

しかし潰れてもらっては困るのでヨガ教室、ベリーダンス教室などやイベントを多く開催しているカレンダーになっており経営状況が安定している方がいい。

大手の企業の福利厚生で無料利用や割引利用になっているのも安定するが社員の奥さんの吹きだまりになってしまうのでほどほどがいい。

さて問題は月額費が増える分何か減らさないといけないのでこれから考えよう。。


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする