忘れ物防止タグ Tile Mateを使ってみた

よく鍵やスマホを見失いヒヤリとしたことがある。

これまで紛失したことは無いのだが旅行も多いのでそのうちやってしまいそうな気がしている。

そこで忘れ物防止タグを購入した。

何年か前から見失った貴重品を探し出すアイテムが販売されていた。

単純なタイプがボタンの付いた発振器とカラフルな受信機があり受信機を鍵やスマホのタグにしておき、見失ったら発振器で探すタイプのもの。

しかしこのタイプの忘れ防止アイテムに触手は伸びなかった。

あくまで近くにあることが分かっていて探すだけのものなので必要性を感じなかった。

最近はスマホとタグをブルートゥースで接続し最後どこで接続されていたかを記憶してくれる忘れもの防止タグが何種類か販売されている。

更にユーザーが増えれば落としたタグの場所で他の人のスマホがブルートゥースの電波を拾って場所を知らせる機能も付いている。

この機能はあくまでロマンのようなものでそこまでユーザーが増えるとは思えない。

それでも接続が切れた場所をスマホが記憶してくれるのでどこで失くしたかが分かれば便利だろうと一番売れていそうなTile Mateを約2,000円で1つ購入した。

しばらく使って便利ならもう1個買うつもりだ。

開封というほどではないがとても小さなパッケージで送られてきた。

開けてみると小さなタグとスタートアップガイドの2つが入っている。

あとはアップルストアかグーグルプレイで「Tile」というアプリをダウンロードして起ち上げる。

ブルートゥースもオンにしておく。

新規登録でメールアドレスとパスワードを登録する。

ようこそのような画面が何ページがあるのでスワイプして進める。

ブルートゥースとGPSの使用許可をする。

すると初期画面が表示される。

スマホ(Honor7X)が登録されているがタグは無いのでTileを追加する。

するとメールアドレスに6桁の認証コードが届いているのでそれを入力する。

Tileを選択する。

Mateを選択。

タグを何につけるかを選択する。

今回はカギとした。

セットアップが終わるとホーム画面となる。

カギを見失ったらアプリを起ち上げて探すボタンを押せばタグがかなりの大音量でアラームを鳴らすのですぐにどこにあるのかが分かる。

逆にスマホを見失った場合はタグの真ん中に付いているボタンを2回連続で押せばスマホが大音量でアラームを鳴らすので見つけられる。

スマホをサイレントモードにしていてもアラームを鳴らすようになっているので安心だ。

そしてタグを落とした場合は最後にブルートゥースと接続されていた場所を表示するのでその場所に探しに行けばいい。

そしてブルートゥースで接続されたら探すでタグがアラームを鳴らすので盗まれていなければ見つかるはずだ。

GPSが内蔵されているわけでないので現在の場所を表示するわけではない。

あとブルートゥース接続が切れた瞬間にアラームを鳴らすものでもない。

だから能動的に探さないと見つからないので置き忘れ防止にはならないので注意が必要だ。

いいかたを変えれば鍵をなくしたことを忘れてしまったボケ老人に持たせても意味がない。

あと1年でバッテリーが切れて交換できない使い捨てタイプだが一つ2,000円なので初めての忘れもの防止タグとして試してみるのにはいいかもしれない。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする