生活コスト改善(電気編)

スポンサーリンク

エアコンが動かなくなった。
素人目に診断すると霜取りモードから復帰しないためいつまで経っても部屋が暖まらないなのでどこかのセンサーあたりが壊れたのではないかと予想している。

エアコンが故障すると命に関わりかねないことを知った。

寝室はベッドで布団は夏冬兼用。

夏布団を冬も使用しているといった方が正しいか。

だから冬はエアコンが稼働していることが前提。

そのエアコンが冬に故障するとどうなるかまで予想できていなかった。

故障しても冷房だし寝苦しいだけだろうと高を括っていた。

エアコンの故障でさらに風邪を引いていて夏布団に暖房なしの状態になった。

夜中に寒さで目覚めてマジで死ぬかとさえ思った。

ダイニングにはエアコンやガスヒーターがあるのだがそこに寝る場所を確保するのは難しく、結局服を着込んで寒いベッドで寝ることにした。

保証書を確認したところ5年以上経過していた。

コジマで買ったようで延長補償を探したのだが見当たらないので諦めて買い替えるしかないと考えて朝稼働させてみたところ普通に動いたので買い替えを少し延期。

しかしまた起きると死ぬぞと急いで掛け布団と毛布を買ってきた。

昔は夏と冬と布団は分けており冬にエアコンをつけて寝ることなどなかった。

エアコンつけっぱなし睡眠はいつ頃からだろう?

10年くらい前だろうか。

そういえばその頃からよく風邪を引いている。

もちろん加湿器を設置して乾燥対策はバッチリだが免疫が弱くなってしまっているのだろうか。

エアコンつけっぱなしの影響もあるのかもしれない。

そこで冬の睡眠中のエアコンをやめることにした。

少し前に電気代のプランを変えて安くならないか検討した。

しかし退職すると昼も夜も家にいる時間が長くなるので東電でいうところのスタンダードプラン一択になってしまい検討の意味がなく記事にするのは諦めた。

電気代節約については少し前までPCをサーバーにして立ち上げっぱなしにしていたのをやめてNASに替えてリビングの14畳200Vのエアコンを買い換えた事によりピーク1万円から7千円強に下がって満足していた。

睡眠中のエアコン代がどの程度かかっているかわからないが夜中のエアコンを200Wh程度として8時間使用して1kwhを30円とすると1ヶ月1500円弱の節約となる。

暖房を使うのは11〜3月なので年間7500円の節約になる。

微妙な気もするが節約する気持ちが大切だ。

次の生活コスト改善 T字カミソリ

スポンサーリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする