札幌市西区の生活ルート

滞在していたマンションの最寄り駅は琴似駅だったが徐々に琴似駅方面へ足を運ぶことが無くなった。

地下鉄はさっぽろ駅を往復するだけで500円かかる。

JRで札幌中心街やすすきのへいくなら自転車でいい。

但し午後から雨が降りそうな日はJRを利用していた。

食材の買物も当初は琴似駅付近のイオンやヨーカドーを利用していたが西町のお買い得なスーパーを見つけるたびに駅から足が遠のいた。

滞在後半の典型的な普段の自転車ルート

證誓寺の周辺に西友、マンボウ、生鮮市場、北海市場、コープさっぽろとスーパーマーケットが集中しているので帰りはここに寄る経路になっている。

山の手6条から西野3条に抜ける道は長い上り坂なのでサイクルマシンみたいな軽いトレーニングになっていい。

西野グリーン公園近くのコープさっぽろに初入店した。

コープの目玉は46円均一祭のようだ。

いくつかの農作物が46円均一祭で販売されていたが驚いたのはキウイ。

どれだけ安くても90円はするキウイを半値で売っていた。

レタスは158円(税抜き)だった。

大雨の影響のため値上がりは仕方がない。

時期が悪いおじさんではないが「今は時期が悪い」

ストックはありそうだがあっという間に値上がりを始めている。

スーパー激戦区だけあってコープも他のスーパーと遜色ない安さだった。

ランチはみよしのに入店した。

前半のランチは毎日寿司だったが徐々に飽きてきてみよしのみたいな普通のチェーン店が多かった。
この日食べたのは煮込みハンバーグ定食(728円)だ。

ハンバーグと餃子とカレーのお店だ。

子どもの好きな料理三点を売りにしている。

煮込みハンバーグもカレーも餃子もお値段以上においしいのでコスパはいい。

この日はその先の宮丘公園まで行くつもりだったがあまりの急な上り坂に一旦頂上辺りまで行き戻ってきた。

このあたりの景色は奥に山があり手前に森の壁が反り立つ感じで進撃の巨人を連想した。

宮丘公園から戻り白い恋人パークの横を抜ける経路だ。

白い恋人パークは観光スポットなので観光バスが何台か止まっておりパーク内は平日に関わらず人で溢れていた。

帰りは生鮮市場に寄ってメロウ(銀だら)のカマを買ってきた。

100gが200円を切っているので安い。

料理する人も少ないのか流通量も少ない魚なので見つけたら買いたい。

醤油をかけて焼カマにしたいがガスグリルないので煮魚にした。

メロウの身は煮魚にするがカマは脂が強いから合わないと考えて焼いていた。

水0酒3みりん3醤油1の比率でアルミホイルの落とし蓋で8分煮込んで10分程回しがけをして煮詰めて照り焼き風にした。

旨い!

ごはんとみそ汁つけて銀だらカマの照り焼き定食として1500円払ってもいい(笑

マンションにガスグリルがなかったおかげで新しい料理を覚えられた。

メロウを見つけたら是非一度お試しあれ。

関連記事


関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。