ニトリ座椅子マーサを修復してみた

現在ニトリの座椅子マーサを使っている。

2018/2に購入して1年4カ月が経過した。

座っているとお尻が痛くなってきたのでバスタオルをかけている。

手で確認すると座椅子の骨が出てきた。

そろそろ寿命だろう。

昔なら2年もたないとはどんな製品なんだとニトリにクレーム入れたかもしれないが今は働いていないので座椅子に1日8時間座っている。

座椅子の寿命は長くて3年だった。

働いていた頃の半分以下の寿命の1年4カ月になるのは当然だろう。

座椅子は消耗品でありニトリでマーサを再度買おうと考えていた。

ネット検索すると座椅子を直している人が結構いる。

1年ちょっとしか経過していないためか座椅子のお尻のクッション以外はまだ十分クッションがある。

そこで安く上がるなら直してみようと考えた。

調べると座椅子は鉄製の骨格に固めのチップウレタンをベースにして、

その周りに高反発の柔らかいウレタンが巻かれているのが、

一般的なようだ。

そこでウレタンの価格を調べてみると結構する。

両方買って送料を入れると座椅子が買えてしまう。。。

実店舗なら安いんじゃないかとホームセンターを2軒回ったが売っていなかった。

以前非常食も見つからなかったし相変わらず役に立たないホームセンターだ。

そして先日消臭剤を東急ハンズで購入したタイミングで素材売り場を覗いたらチップウレタンもウレタンも販売していた。

そして安い。

チップウレタンを床に置いて座ってみたところこれだけで十分クッションになりそうなのでなので50cmx50cmx3cmを買ってみた。

627円(税込)とネットに比べて激安だった。

そしてジッパーを開けていくと潰れたウレタンが見えてきた。

中を確認するとチップウレタンは使われておらず骨格の上に段ボールが被さっておりそこに黄色いウレタンが巻かれていた。

8000円の安物なので仕方がないか。

カバーとウレタンを固定する紐を切って購入したウレタンチップを入れて座ってみた。

長いので太ももから背中までカバーする。

試しに2時間座っていると腰が痛くなってきた。

お尻から背中までつながっているのが合わないようだ。

そこでできるだけ足の方にウレタンチップを入れて腰にあまりかからないように調整した。

しかしまだ痛い。

仕方がないのでウレタンチップが腰にかからないように15cmほど切った。

家に裁断用のはさみがなかったので苦労したが何とか切り離してセッティングして座ってみたところちょうどいい。

どれだけもつか分からないがしっかりしたチップウレタンなのでまた1年は使えるのではないかと期待している。


おすすめ記事

ためになる記事だと思ったらシェアおねげえします

フォローする

コメント

  1. udonga dondon より:

    2018年7月30日に退職、1966生愛知
    在住です、まさか同じ座椅子を使っておられて笑ってしまいました、同じようにかなりヘタってますので参考にさせて頂きます。

    • ohrat より:

      コメントありがとうございます。
      コスパがいい座椅子ですよね。
      ただウレタンチップの代わりにダンボールはさすがに
      ニトリさんもコストカットが過ぎるのではと思いましたw